FC2ブログ
プロフィール

yuka

Author:yuka
大阪在住。2017年2月生まれの二卵性双子男子の母。フルタイム勤務。
株主優待・お金の計算・節約が好き。
目下の優先事項は、①子育て、②自分の心身の安定、③経済的自立。
子供との時間を大切にしつつ、ストレスを溜めないように上手く日々を過ごしていきたい。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
スポンサーリンク
おすすめ☆楽天カード
おすすめ☆楽天モバイル
最新記事
たまには旅行しよう
相互リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

双子の経膣分娩★出産レポ~その5

出産レポの続きです。
★前回までの記事 → 1 2   

2/21(火) 出産日当日 ~次男誕生編
20:12~20:46
長男を出して少し安心するも、もう一人はまだ腹の中。今のと同じ感じでさっさと出すぞと思うも、予想以上に苦戦する。

まず先生達が腹にエコーを当てて二人目の位置を確認。そして腹をぎゅうぎゅうひねられて向きを変更&固定。頭から出すと思ってたのに、何と逆子体制に。え、マジ?足から出すの!?つーかせっかくこの子逆子直ってたのに、結局足から出すんかい!イヤでもとにかく出すしかない…!

が、陣痛がピタッと止まる。数時間ぶりの平穏が訪れて体は楽になるも、陣痛がなきゃ出せないんですよね…?先生に「陣痛がなくなったんですけど…」と質問。そーいうもんなんだよーと言われるも、じゃあ一体どうすれば状態。

少しして弱い神痛が来たからいきむも、全く手応えがない。え、双子の経膣分娩って二人目は割とすぐに出てくるって聞いてたのに出てけえへんやん、どーしたらいいの?先生何とかしてくれへんの?ここまで頑張ったのに帝王切開に切り替えなんて嫌やで…!陣痛が弱まって冷静になった分、徐々に今の状況が怖くなってくる。

陣痛が来るように助産師さんが私の乳首をひねったり、長男を横に連れて来て「ほらママ頑張ってるよ~」と言われたりしたけど、そんなんええからこの状況を何とかしてくれ~!

そんな中で何とかいきみ、両足が出た状態まで進む。も、そこからまたこう着状態。
とにかく陣痛が弱くていきめない。ちょっとこれどーしたらいいの…!?足が出てるから帝王切開もできんし、もうこのまま足を引っ張るか手ェ突っ込むかして出してくれ~!しかし先生達を見るとただただ待機。え、もしや私次第?私が頑張らな赤は出てけえへんの…?

正直この時点で気力は尽きかけ。もう疲れた…無理…単胎児なら今頃もう終わってるのに、何でまだ苦しん出るんだ私は…。イヤ、でもこれ出さな終わらんし…私が諦めたらあかんねや…今日中に出さな…これが最初で最後の出産や…と思い、必死で気持ちを立て直す。

そして弱い陣痛の度に必死にいきみ、少しずつ絞り出す。そして最後、頭だけ引っかかった状態のところで先生の処置が始まる。工具か!?ってぐらいゴツい器具をガチャガチャ動かして、横では助産師さんが「…40秒!…45秒!」とカウント。あ、これ○秒以内に出さなヤバいってことかと思ったけど、私は自分のことに必死で赤の安否を気遣うどころではなく。そして何て言われたか忘れたけど指示通りにして最後の一息を頑張ったら、二人目がやっと出て来た…!お、終わった…今度こそ終わったあ…!!

この時の解放感と達成感といったらもう!!そして長い妊婦生活が終わった嬉しさと安堵感がこみ上げてくる。頭上でダンナがまた「よう頑張った」と頭をポンポン。あ、いたのか…。

そして遠くで次男の泣き声が聞こえてくる。後からダンナに聞いたら、ちょっとヤバい空気だったらしく。次男は出てきた時全身が青紫でぐったりしてて、先生が両足を掴んで宙吊りのまま連れて行き、しばらくしてやっと泣いたらしい。そうなのか…まあこの病院は双子でも経膣推奨してたし、こんだけ先生がたくさんいるんやから大丈夫やろ、とあんま気にしてなかったんやけど。

とにかく双子を下から無事出産できたんや、よかった…!

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ

双子の経膣分娩★出産レポ〜その4

出産レポの続きです。
★前回までの記事 → 1 2  

2/21(火) 出産日当日 〜長男誕生編
19時台
10~20秒置きぐらいに陣痛が来て、叫びまくり、よじれまくり。ナースコールして「まだですかー!診察して下さい!」と頼む(内診時子宮口7~8cm)。
そして何となくお尻の方がジンジンする。これってもしかして赤の頭が下りてきてる?いやでもずっと同じ姿勢でお尻が痺れてるだけかな…期待したらあかんな…。

19:30くらい
陣痛に耐えていたら、グッと違和感が。あっこれ第一子が下まで来てる…!!下半身に力を入れると子宮口に何かが引っかかったり押し戻されたり…ヤバいヤバい、これ赤の頭や!でもまだ子宮口開ききってないからいきんだらあかん、いやでも無理!
ダンナに「肛門もっと強く押してー!出る!出てきてまう!!」と叫んで必死に我慢。そしてナースコールして「出てきます、いきんだら出そうです!!」と叫んで内診してもらう。

子宮口8~9cm。おお〜進み早いよあと少し!と励まされるも、まだ分娩室には行けない。双子で小柄なんやからもう10cmまで待たんでええやろ、産ませてくれー!
次の波が来た時にもう限界で「出るー!出ちゃいますー!!」と叫んでやっと分娩室の準備をしてもらえることに。その間にも陣痛が来て、ダンナに「もっと押して!強く!!」と要求→強く押し込む→私「違う!強すぎ!弱く!!」→力を緩める→私「違う!もっと強く!!」と叫び、ダンナと助産師さんに苦笑される。いや、押し方が下手くそなんだよ…。
もう何も考えられん状態のまま、でもしっかり見届けなと思いメガネをかけ直してヨロヨロと分娩室に移り台に登る。

19:45くらい〜20:12
分娩台に登ってからも陣痛が来て「あ″ーーっ!」と叫び体をよじらせる。その間に先生や助産師さんが準備を進めていよいよ出産体制に。ダンナもいるけどこれ以降は完全に空気。
先生達7~8人に取り囲まれ、波に合わせていきむ練習。すぐにいきんだらあかんのか、いきむ時は踏ん張って息止めなあかんのか、そんなん知らんかったわ…とにかく早く出したいから私も必死。コツを掴むまで何回か待機し、でかい波が来た時に全身の力を込めてフンッ!!といきむ。そうそう上手上手!と褒められてまた頑張る。ぐあ〜早く出したい!

更に次の波で全力でいきむ。声出すなと言われてたけど、力を入れたら自然と腹の底から「んぐあああーーっ!」と声が出る。頭が出てきたっぽい。そして股が痛い!痛いと言ったら頭が挟まってるからね、あと少しと言われる。

そして3、4回目の全力いきみ「んグオオオオーッ!!」で遂に第一子誕生。にゅるにゅるっという感覚が股を通って、股越しに小さい人の形をしたものを確認。

私、誕生の瞬間は感動で泣くと思ってたけど、出たことの安心感でそれどころではなく。ダンナが私の頭上で「よう頑張った」と言ってくれるも何も考えられず(あ、そいえばダンナいたのか…とは思った)。
あー何か遠くで赤が泣いてる、あれ今出した子の声か…とぼんやり考えるも、まだ安心できない。だってまだ腹の中にはもう一匹いるんやから…!

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ

双子の経膣分娩★出産レポ〜その3

出産レポの続きです。
★前回までの記事 → 1 2 

2/21(火) 出産日当日 〜陣痛編
15時過ぎにダンナを呼び出してから、本格的にキツくなる。陣痛が来る度に声が出て、自分で腰をさするの繰り返し。まずったな、もっと早く呼び出すんだった…。ずっと助産師さんがついてくれるわけちゃうから、一人で耐えるのはマジできつい…。
ここまでは出産の進みをメモってたけど、これ以降は陣痛がキツくてもはや記録不能。

15:50
ダンナ到着。それまで一人で頑張ってた反動で、気が緩んでボロボロ涙が出てしまう。気を持ち直して再び陣痛に耐える。ダンナにはすぐ腰をさするように頼む。
この時点で4分置きに波が来てて、「あーー、はーー、うーー…」と声が出る。助産師さんに「声を出したら体力を消耗するので、フーーと深呼吸しましょう、ロウソクを消すようにゆっくりと長く、フーー」と言われるけど、わかってても無理なんですよ!!声を出すことでかろうじて痛みを紛らわせて呼吸してる状態なんですって…!

16時台
陣痛来てない時もいつ来るかわからん不安でダンナに「来てなくてもずっとさすってて!」と伝える。も、開始早々「これずっとさするの疲れるなー(笑)」とふざけたことをぬかしたので、無言でイラッ…。おい、だったら陣痛と代わるか?私の方がきついんじゃコラ!…と言う体力もなく、無言でさすりを要求。

17〜18時台
ものすごく長くてキツい地獄の時間。陣痛の間隔はどんどん狭くなり、痛みの時間は長くなる。何度も「まだか!?いつまで続くんや!?」と思う。
波が来る度にダンナに来た来た!!と言ってさすり&押してもらい、その間私は「あ″あ″ーーっ!はあーーっ!!」と叫ぶ。声を出すから喉が痛い、でも出して気を紛らわせな無理。
陣「痛」と言うけども、私は痛いとは感じなくて、ただただものすごくしんどかった。一言で表すと「ものっすごく重い、耐えられないほどの生理痛」。普段の生理痛を何十倍にもしたものが時限爆弾のようにドーーン!!と来る(しかも終わりが見えない)からとにかくキツい。

途中何回か内診が入ったけど、陣痛前は苦痛だった内診がありがたく思えるほど気が紛れた&希望の光になった。先生には「かなり開いてるね〜!早いよ!」と言われたけど、まだ分娩室には行けず…。
陣痛がキツすぎて、波が来る度に自分の髪の毛を引っ張って頭を振り乱し、ベッドを叩いたり引っ掻いたりして気を紛らわせる(でも全然紛れない)。鳴らしてもどうしようもないのにナースコールして先生に「いつあっち(分娩室)に行けますか!?」と聞いたり、「う〜ん、夜かなあ…」と言われて「夜!?夜って何時!?今まだ夕方やん!夜の何時まで耐えなあかんの!?」と絶望したり。

隣のベッドでは、促進剤を入れているものの陣痛が来ず、血圧も下がらない妊婦さんが帝王切開に切り替えましょうと言われている声が聞こえてくる。それを聞いて私、一瞬「あーいいなー私もこの陣痛から解放されたい…」と思うも、「いやでもここまで頑張ったのに帝王切開はもうないよな、術後が痛いしだったら今陣痛に耐える方がマシか、でもいつまで続くんだよこれ…!!」と苦しみながら考える。
↑の妊婦さんが手術室に移動して、今度は陣痛中の妊婦さんが隣にやって来る。「痛いよお〜、痛いよお〜…」とシクシク泣く彼女とオロオロ励ます旦那さん。隣で叫びまくってダンナに無言でさすらせてる私とは大違いだなおい…。

そんな感じで19時台に突入していきます。

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
スポンサーリンク
カウンター
月別アーカイブ
楽天でお買い物
Amazonでお買い物