プロフィール

Author:yuka
大阪在住の30代女。2017年2月に二卵性の双子男子を出産。ただ今産休中。
株主優待・お金の計算・節約が好き。
目標は、資産運用で不労所得を作ってセミリタイアして、シンプルで心地よい生活をすること。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサーリンク
おすすめ☆楽天カード
おすすめ☆楽天モバイル
月別アーカイブ
たまには旅行しよう

双子の経膣分娩★出産レポ〜その2

出産レポの続きです。長編になるかもですがお付き合い下さい。
★前回までの記事 → 1 2

2/21(火) 出産日当日 〜破水編
7:00〜 
起床、身支度。今日も紙パンツ+病衣の妊婦スタイルですよ。今日こそは産まれるかな…次この個室に戻ってくる時には二匹を出し終えていますように…という思いを込めて、最後に鏡の前でデカ腹を撮影。
221IMG_2448.jpg
その後ベッドで双子の心音確認。目の前に朝食が出されているのに、先生の内診まではお預けという放置プレイ…。
8:50
陣痛室へ移動し、先生二人による連続二回の内診で悶絶する私。痛い、痛いよ!!陣痛よりこっちの方が痛いんちゃうか…。そして朝食は抜きになる。そんな気がしてたよ…。
9:00〜
腹にモニター(心音測定用)を巻きつけられる。分娩室では朝礼?が始まり、「(私)さん(子宮口)3cm、●●さん3cm」という声が聞こえてくる。その後点滴で水を入れられる。
9:30
私の血圧が170/100に跳ね上がっているらしく、先に血圧を抑える点滴が投与される。
9:40
↑の点滴の副作用で、点滴針を刺した箇所がズキズキ痛み出してナースコール。少し量を減らしてもらうも腕が痛い、体も熱くて重い。あーあー言いながら深呼吸で耐える。アイスノンをもらって少し楽になる。
10:00
やっと陣痛促進剤の投与開始。
11:00〜11:30
促進剤追加中。隣の妊婦さんはさっさと分娩室に移動し、二人目の妊婦さんがやって来た。私は全く変化なし。このままやと帝王切開もあり得るよな…。
12:30
昼食抜き。自宅待機してもらってるダンナから「今どーなってんの、今日の予定どーなんの」とイラチな連絡が来る。私に聞くなよ、陣痛来ないから病院側も答えようがないっつーの。まあ待たされる側がやきもきする気持ちもわかるけど…。
13:00
内診。血圧を下げる点滴は張りを抑える作用もあって、それが原因で張りが来にくいらしい。血圧が落ち着いたから、今から血圧の点滴を止めて促進剤だけに替えるそうな。もしかして陣痛来るかも?
13:40
不意打ちで再び内診。先生の判断で第一子を破水させることに。まったりしていた私、急に焦って「えっ今ですか?ここで?」と馬鹿な質問をする。子宮口4cmの隙間から一人目の頭が見えてるってのがリアルで怖いよ…。
そして破水。一瞬チクッとしたと思ったら生暖かい液体がジョロジョロと出てきた。マジか!これが破水ってやつか!痛くはないけど変な感じ。
先生に「どっちにしても今日決着をつけましょう」と言われ、急に現実味が増してビビる。だってさっきまで「今日も陣痛来なかったら明日かな〜、明日なら2/22のゾロ目でにゃんにゃんにゃんで猫の日が誕生日か〜」とか呑気なこと考えてたんでね。
破水で陣痛が来たら経膣分娩、来なかったら帝王切開。うおお、どっちも怖い…!
14:00
促進剤追加。破水してからかなり張りがわかるように。生理痛みたいな下痢みたいなきゅるきゅるした感じが続く。
14:30〜
促進剤追加。張りに合わせて生理痛のキツいのが来る。これが陣痛の始まりか…!先生が来て、促進剤の量がMAXになる一時間後に再診察してこれからの方針を決めるとのこと。
15:00〜
5分置きに生理痛のひどいのが来る。腰を押してもらわんとキツい。耐えれるけどキツい。腰が痛い。ようやくダンナを呼び出し。

というわけで、破水をきっかけにやっと陣痛開始。最初は生理痛の重いの程度から始まった陣痛やけど、ここからがキツかった…。続きます。

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
関連記事

コメント

非公開コメント

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
スポンサーリンク
カテゴリ
カウンター
ブログランキング参加中
相互リンク
楽天でお買い物
Amazonでお買い物
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる