プロフィール

yuka

Author:yuka
大阪在住の30代女。2017年2月に二卵性の双子男子を出産。ただ今育休中。
株主優待・お金の計算・節約が好き。
目標は、資産運用で不労所得を作ってセミリタイアして、シンプルで心地よい生活をすること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
スポンサーリンク
おすすめ☆楽天カード
おすすめ☆楽天モバイル
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
たまには旅行しよう

双子の経膣分娩★出産レポ〜その3

出産レポの続きです。
★前回までの記事 → 1 2 

2/21(火) 出産日当日 〜陣痛編
15時過ぎにダンナを呼び出してから、本格的にキツくなる。陣痛が来る度に声が出て、自分で腰をさするの繰り返し。まずったな、もっと早く呼び出すんだった…。ずっと助産師さんがついてくれるわけちゃうから、一人で耐えるのはマジできつい…。
ここまでは出産の進みをメモってたけど、これ以降は陣痛がキツくてもはや記録不能。

15:50
ダンナ到着。それまで一人で頑張ってた反動で、気が緩んでボロボロ涙が出てしまう。気を持ち直して再び陣痛に耐える。ダンナにはすぐ腰をさするように頼む。
この時点で4分置きに波が来てて、「あーー、はーー、うーー…」と声が出る。助産師さんに「声を出したら体力を消耗するので、フーーと深呼吸しましょう、ロウソクを消すようにゆっくりと長く、フーー」と言われるけど、わかってても無理なんですよ!!声を出すことでかろうじて痛みを紛らわせて呼吸してる状態なんですって…!

16時台
陣痛来てない時もいつ来るかわからん不安でダンナに「来てなくてもずっとさすってて!」と伝える。も、開始早々「これずっとさするの疲れるなー(笑)」とふざけたことをぬかしたので、無言でイラッ…。おい、だったら陣痛と代わるか?私の方がきついんじゃコラ!…と言う体力もなく、無言でさすりを要求。

17〜18時台
ものすごく長くてキツい地獄の時間。陣痛の間隔はどんどん狭くなり、痛みの時間は長くなる。何度も「まだか!?いつまで続くんや!?」と思う。
波が来る度にダンナに来た来た!!と言ってさすり&押してもらい、その間私は「あ″あ″ーーっ!はあーーっ!!」と叫ぶ。声を出すから喉が痛い、でも出して気を紛らわせな無理。
陣「痛」と言うけども、私は痛いとは感じなくて、ただただものすごくしんどかった。一言で表すと「ものっすごく重い、耐えられないほどの生理痛」。普段の生理痛を何十倍にもしたものが時限爆弾のようにドーーン!!と来る(しかも終わりが見えない)からとにかくキツい。

途中何回か内診が入ったけど、陣痛前は苦痛だった内診がありがたく思えるほど気が紛れた&希望の光になった。先生には「かなり開いてるね〜!早いよ!」と言われたけど、まだ分娩室には行けず…。
陣痛がキツすぎて、波が来る度に自分の髪の毛を引っ張って頭を振り乱し、ベッドを叩いたり引っ掻いたりして気を紛らわせる(でも全然紛れない)。鳴らしてもどうしようもないのにナースコールして先生に「いつあっち(分娩室)に行けますか!?」と聞いたり、「う〜ん、夜かなあ…」と言われて「夜!?夜って何時!?今まだ夕方やん!夜の何時まで耐えなあかんの!?」と絶望したり。

隣のベッドでは、促進剤を入れているものの陣痛が来ず、血圧も下がらない妊婦さんが帝王切開に切り替えましょうと言われている声が聞こえてくる。それを聞いて私、一瞬「あーいいなー私もこの陣痛から解放されたい…」と思うも、「いやでもここまで頑張ったのに帝王切開はもうないよな、術後が痛いしだったら今陣痛に耐える方がマシか、でもいつまで続くんだよこれ…!!」と苦しみながら考える。
↑の妊婦さんが手術室に移動して、今度は陣痛中の妊婦さんが隣にやって来る。「痛いよお〜、痛いよお〜…」とシクシク泣く彼女とオロオロ励ます旦那さん。隣で叫びまくってダンナに無言でさすらせてる私とは大違いだなおい…。

そんな感じで19時台に突入していきます。

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
関連記事

コメント

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサーリンク
カテゴリ
カウンター
最新コメント
楽天でお買い物
Amazonでお買い物
相互リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる