プロフィール

yuka

Author:yuka
大阪在住の30代女。2017年2月に二卵性の双子男子を出産。ただ今産休中。
株主優待・お金の計算・節約が好き。
目標は、資産運用で不労所得を作ってセミリタイアして、シンプルで心地よい生活をすること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
スポンサーリンク
おすすめ☆楽天カード
おすすめ☆楽天モバイル
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
たまには旅行しよう

双子の経膣分娩★まとめ

出産レポの続きです。
★前回までの記事 → 1 2     

長々と出産レポを書いてきたのですが、最後にまとめようと思います。

妊娠発覚時は「絶対に無痛分娩!」と思って産院を選んだのに、双子とわかって早々に転院。ほな帝王切開か〜と頭を切り替えたら、まさかの経膣推しで結局そのまま出産することに。自分の思惑とは全然違う方に進んでいったけど、出産ってそんなもんですよね…。

現在進行形で育児は大変やけど、双子で良かったと思うこともあるわけで。
・一回の出産で二人産めるから楽(つわりと陣痛を二度経験しなくて済むという意味で)
・二人目は?と聞かれなくて済む。二人目問題を考える必要がない。
・有無を言わさず子供が二人できるので、ビビり(出産怖いー)で優柔不断(二人目どーしよー)な私にとっては逆に良かったかも
・ちょっと珍しがってもらえる(話のネタになる)
・もう少し成長したら二人で遊んでくれるはず
大変なことは山ほどあるやろけど、世のお母さん方も乗り越えてることなんで頑張ります。

あとは出産の感想まとめを。

1)陣痛・出産時、ダンナはほぼ役に立たない。というか空気。でも陣痛中の腰さすりは(例え焼け石に水状態だとしても)絶対に必要!さすり要員として付き添ってもらうことを強くおすすめします。

2)陣痛は痛くない。生理痛のものっすごく重くてひどいの。でもそれが何時間も続いていつ終わるかもわからないのは拷問かってぐらいキツかった。

3)いわゆるソフロロジー、自己暗示とイメトレと深呼吸で陣痛の痛みを和らげるってのは、私には全く効果がなかった。出産日が決まってから慌ててネットで調べて準備したけど、無理でしたね。頭ではわかってても実際にやるのは至難の技。これは人によるんじゃないでしょうか。

4)陣痛はキツかったけど、痛い辛い嫌だという類の言葉は出んかったし(最後少しだけ出たけど)そういう感情も湧かんかった。言ったところでどーしよーもないし、出産は気力体力勝負やから、マイナスな言葉を出したら産めるもんも産めんくなると思う。

5)ダンナに立ち会ってもらったのは良かった。私の場合、「この苦しんでる姿をしっかりと目に焼き付けて私を労われ〜!!」ってのが理由なんですけどね。よう頑張ったというやや上から目線な言葉しか聞けんかったけど、まあ頭ではわかってくれてるはず…。
ただし分娩台に登ってから産むまではまあまあ壮絶なんで、見たくない・見せたくない人もいるやろなと。私の場合胸以外はほぼ開けっぴろげ、赤子を押し出す時も腹の底からすごい声を出してたんで、「あー私今すごい姿をダンナに見られてんな…これがきっかけで女として見れなくなるって男もいるらしいけど、まあどー思ってくれてもええわ」と冷静に考えてました。

妊娠はしたものの、産むのが怖くて妊娠中ずっと色んなブログを徘徊して出産レポを読み漁っていた私。こんな私でも産めたんやから大丈夫やでーという意味で、この記事が誰かの役に立ってもらえたら嬉しいです。
そして最後に。産み終わった時の達成感と赤子を見た時のオモシロ感はすごいですよー。
417IMG_2450.jpg

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
関連記事

コメント

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
スポンサーリンク
カテゴリ
カウンター
最新コメント
楽天でお買い物
Amazonでお買い物
相互リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる